2ch復讐速報

2ch,5chまとめブログ 復讐 修羅場 因果応報

殿堂入り・傑作選(アンテナ経由)

【復讐】兄嫁に嫌味をいわれはじめた。 剣道部だったため「妹ちゃん臭いねw」(入浴後)とか

【復讐】シュールストレミング(「世界一臭い食べ物」と評される缶詰)を不良グループのたまり場に投げ込んだ

【復讐】二人とも一応世間では名の通った企業に勤めてはいるが、DQNな義弟夫婦。ブサイクで躾のなってない2歳半のガキがいる【長編】

【修羅場】父のイ昔金で俺に売られたと言って泣き出した。、本当に好きな人と恋をしたかった、好きな人と結婚したかったと。

2016年11月

    このエントリーをはてなブックマークに追加
「スポンサーリンク」


daddy_pipecut


923: 1/2 2011/07/12 (火) 20:06:54.82 O


流れぶったぎり&差別的な発言含むDQ返しです。


「藤原家の家臣の末裔」という事がご自慢のトメ姫さまw
家臣の末裔なら佐藤も加藤もそんな由来じゃなかったか?とスルーしてたけど、
私が出産して息子(トメの孫)を初めて見て言ったのが、

「ああ、どこかの百姓の血が入っちゃって汚れたわねぇ……」
でブチキレたのでDQ返し。





1日1回クリックで応援お願いします。→
人気ブログランキングへ 続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
「スポンサーリンク」


daddy_pipecut


296: ぱんださん 投稿日:2016/01/21(木) 19:48:50 ID:eP5

<1>復讐?かどうかは分からないけど、相手がアホ過ぎてすべてが思い通りいった話。
『かなり昔の事の上に長い話』だし『創作』だから、箸休め程度フィクションとして見てちょ。
長いから分けるよ!

大学生の頃、飲食店のバイク配達のバイトをしてた。
いつものように配達でバイクを運転してたところ、変な奴に絡まれた。



場所は、市内でもかなり大きな交差点を抜けたところで(田舎なので車線は少ないけど)、
この交差点、十字路の「十」とは別の道が一本だけ出ており、そこからの飛び出しが多くて要注意スポットだった。
僕が十字路を下から上へ走って抜けると、要注意の脇道からこっちの道路へ入ろうとしてる車が停まってた。
案の定、こっちとは反対方向の車ばかり気にしていて、その車は一瞬ブレーキを離して動いた。
あぶない!と思って軽くブレーキを握った…けど乗ってた女性はこちらにも気が付いて進んでこなかった。

【表向きの話】
と思った矢先、今度は後ろの車がクラクションを鳴らしまくった。
最初は自分に向けて鳴らされてるとは気づかずに走ってたら、横づけ並走されて何やら叫んでるご様子。
配達用バイクはリミッターが付いてて、頑張っても時速45km以上は出ない仕様なので、追い越しかと思ってたら
「お前急ブレーキくぁwせdrftgyふじこlp;@!!!!」とウインドウ開けて叫んでた。
さっきの交差点でのことだと分かりバイクを左に寄せて停めたところ、
その人は車から出てこず、ずっと車内で「お前急ブレーキくぁwせdrftgぁぁぁぁ!!」と喚いてた。
一瞬口から「車間距離とってないやつが悪いn…」と言いかけたけど、面倒くさそうな兄ちゃん(車高の低いフルスモーク)
だったので、スイマセンスイマセンとだけ言っといた。
そしたら「この車いくらかけた思っとんあqwせdrftgyふじqqqqqq気を付けぇぇぇぇぇl!!」と
叫んで吹かしながら走って行った。



1日1回クリックで応援お願いします。→
人気ブログランキングへ 続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
「スポンサーリンク」

daddy_pipecut

940: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2014/09/03(水) 09:58:39 ID:XA7sZzJel

復讐っていうか、あらかたむこうの自滅なんだけど

高校の時に、同じグループの中でわたしを見下してバカにしてくる人(Aとする)が
いた
わたしはわりとお調子者で、流行ってる芸人さんのギャグ(当時お笑い番組)を
言ってみたりして場を盛り上げてたら
「ほんっとうにこの人ったらバカよねーー」
っとすごく見下してきてきて”なんだこいつ”とか思ってたら
どうもKYっていうか、冗談とかお笑いとかがわからない人だったみたいで、
本気で私のことを”頭のおかしい人”認定してたらしい

それだけでもちょっとアレなんだけど、なんか中二病っていうか
なんていったらいいんだろう
わたしの事を
「下賤の者が」とか
「あなたとはお育ちが違うのよ、わきまえなさい」とか言ってて
○ウンタウンの松ちゃんのマダムコントみたいな芝居がかった仕草で




1日1回クリックで応援お願いします。→
人気ブログランキングへ 続きを読む

このページのトップヘ