2015/07/29
2018/02/21 【投稿者を着色し再掲載】


daddy_pipecut


393: 本当にあった怖い名無し 2011/08/05 15:13:48 ID:fd28aap90

今年に嫌な上司(以降A)を追い出したから書きます。
私はお客の会社に常駐して機械の保全業務をしてるんだけど、Aは最悪な人だった。
此処に配属されたのは2年前、配属されてから暴.言.の嵐でした。
馬.鹿、タヒね、キ千ガイ、頭狂っとるだろとか毎日言われてました。
Aは空調の効いた詰所で一日中いて、仕事もしなく、仕事に時間がかかると、遅い、下手くそなど言ってきます。
何とかそのAに復讐したいと思ってたら1年位たってから自分からボロを出しました。




「スポンサーリンク」




394: 393 2011/08/05 15:25:54 ID:fd28aap90

私に横領の話を持ちかけて来ました。
普段仕事に業者を入れた振りをして、その業者から金を貰うことです。
何年も前からしていたのですが、私が配属され、秘密に出来ないと思ったのか、誘ってきました。
チャンスだと思い、喋ってた事をボイスレコーダーに録音、それから何ヵ月間は言われた通りにして、金の受け渡し、証拠の金とかを用意しました。
今年に入ってから、部長と課長に全てを暴露、暴.言.や休みの日にAの都合の為に呼び出されたりとやられた事も全て話しました。

395: 393 2011/08/05 15:35:35 ID:fd28aap90

二人共人格者で、不正を嫌う人でしたので、直ぐに調査をしてくれました。
結果、横領は計百万以上行ってたり、会社経費で私用の物を買ったり、タイムカードを他の人に押させて仕事に来なかったりとやりたい放題でした。
Aは警察には言わないから、直ぐに辞表を出せって言われ退職。
その後Aはまだ仕事に就いて無いそうです。妻子持ち、家も建てたばっかで今後どうなるか解らないけど、ざまあ見やがれって思いました。
私には会社の上役からの謝罪がありました。

以上です。フェイク込み長文苦手で拙い文ですみません。

396: 本当にあった怖い名無し 2011/08/05 16:57:09 ID:G8a8PaZ70

>>393
なかなか周到な復讐じゃねぇか。
きっと、暴露したい気落ちをこらえて、
一つまた一つと証拠収集してる期間は、
相当ドキテカで愉しかったろうなぁ。w
刑事的制裁を加えなかったところが
野次馬からすれば少々残念だが、
当事者からすれば、
十分満足行く復讐となったことだろう。
おめでとう!

408: 本当にあった怖い名無し 2011/08/05 19:29:07 ID:l5GA8YkzO

>>396
俺も、追い出されたってのは解せない。
だって、各金融機関は震災の影響でローンの支払いが困難になった人には、当面の間、元本+利子返済を猶予期間を設けたでしょ。
他に、保険料だとか税金も猶予期間があったはず。
つか、収執って何ですか?

410: 本当にあった怖い名無し 2011/08/05 20:11:15 ID:G8a8PaZ70

>>408
担保不動産収益執行だよ。
土建屋は、運転資金をそれなりの金融機関から借りるとは限らないし、
担保権者が複数でないとも限らない。
また、不動産に執行する手段は、
必ずしも任売や競売といった売却が一番とも限らない。
不動産の売却は、時間的にも長期になるのが一般的だから、
賃貸に出しつつ売却の機会を窺うということもありうる。
別に、売却しなければならないわけでもないしな。

まぁ、そういう可能性もあるわけで、追い出されていないとも限らないという話。

415: 本当にあった怖い名無し 2011/08/05 23:04:28 ID:G8a8PaZ70

>>413
いや、貸主がまっとうな金融機関で、
他の債権者や担保権者がいないってんなら、
震災モラトリアムも有効だと思うよ。
例えば、サラリーマンが銀行ローン家買って、
担保に入れてるだけとかな。

ただ、普通に事業やってれば、
他に一般債権者もいれば他の担保権者もいるし、
仮に一番抵当権者がまっとうな金融機関で猶予してくれても、
後順位の抵当権者が猶予してくれなかったり、
他の一般債権者や他の担保権者が総財産や他の担保に
強制執行した結果、なお弁済し切れずに破産、
あるいは手形切れなくなって破産、とか色々可能性もある。

まぁ、原因はどうあれ、新築間もない家なら、
買い手はすぐには見つからなくても
借り手なら比較的早期に見つかるって可能性もある。
そもそも、破産してない可能性だってあるわけだし。

第一、競売後の6ヶ月間の明渡し猶予は、
賃借権者を保護するためのものなんで、
(旧)所有者そのものは対象ではないよ。

まぁ、いずれにしろ落ちぶれたことは間違いないだろうし、
復讐としては十分だろうということに変わりはないけどな。



「スポンサーリンク」