daddy_pipecut

528: 名無しの修羅場さん 2014/12/04 (木) 01:46:02.72 ID:wmZChrD0.net

武勇ってほど強いことしてないし、
スーッってほどスーッともしないが、
「いじめっこへの復讐完了」って点では合ってるので、書き込む。
上のも読んだけど、私は許せなかった、って言う例。

小3から中3まで、断続的に6年間、数グループから虐められてた。
部活グループからは、乱打に参加させてもらえない、準備片付け
押し付けられる、宿題は全て私持ち(学力的な手加減も要求される)。

ご近所グループからは、呼んでないのに毎朝迎えに来られた上、
登校までの途上、私のダメさ加減を延々聞かされる。

私の方が小さいので、中々の力で上からバシバシ叩かれる。
宿題は私持ち(上に同じく要手加減)。
教科書隠されるとか上履きが体育館の梁に引っ掛かってるとか日常茶飯事。
今思い返せば、何で先生方は動いて下さらなかったんだろうか。

その内の一部、ご近所グループの筆頭、Aちゃんへの復讐が、多分終わった。

Aちゃん宅は家の裏手で、幼稚園から中学校まで一緒だった。
当時の私はよく解らなかったが、うちの母は何故かAちゃん家を警戒しており、
なるべく私を遠ざけようとしていたようだ。

ただ色々事情もあって、「踏み込まない程度のお付き合い」で済ませようとしていた様子。
小1~2くらいの頃は、ちょこちょこ動く私を気に入ってか、Aちゃんも
よく構ってくれた(正直要らんかった)。

彼女の方が発育がよく、私の方が半年年上なのに身長が常に10~20センチ
くらい違ってたのも原因かもしれない。

私も、いつ如何なる時も堂々としている彼女の態度には憧れたし、
別段害も無いので(当時から本当にこういう思考だった)ついてってた。






「スポンサーリンク」




529: 名無しの修羅場さん 2014/12/04 (木) 01:46:46.71 ID:wmZChrD0.net

徐々に「宿題を手伝う」から「押し付ける」関係に変わっていき、
段々いじめの域へ。私も「やめて」って小さい声でしか言えなかった。
学校休む度胸も無かった。

当時「AちゃんとRくんは両想い」という噂があった。本人達は否定していた。
ある日、Aちゃんがうちに遊びに来た後、持ち物数点が無くなった。
その内の1つが一点モノだったため、ほどなくAちゃんが盗ったと
解ったのだが、同時に盗られた「おまじない」。

雑誌の付録のちゃちぃもので「裏に願い事を書いて入れておくと、
叶うかも?」みたいなやつ。

Aちゃんが親同伴で謝りに来た時に回収されたのだが、一応修正液で消されていた。
削ってみたら、「Rくんと(ハート)になりたい」って書いてあった。


盗られてしばらくは、一緒に盗られた一点モノ(おばあちゃんからのお土産)
にマジックででかでかと名前を書かれてしまったことに凹んでいたので、
おまじないの方が気にもしなかった。

中学で彼女とは部活もクラスも違ったので、あまりつるむ機会は無くなったが、
ふと登校が被った時に言ってみた。

「『Rくんと(ハート)になりたい』……」
顔色失ったかと思ったら、途端真っ赤になるAちゃん。

A「まだ残してるの…?」
私「ずっと」

以降、何かあるごとに、彼女に視線を送る私。
何か、って言っても、宿題を押し付けられたら相変わらずやってたし、
頭叩かれても黙ってた。

彼女が部活で、何か大きな大会に出てみないか、って話があった時に、
特に意味も無く彼女を見るだけ。Aちゃんは推挙を降りた。


530: 名無しの修羅場さん 2014/12/04 (木) 01:47:36.04 ID:wmZChrD0.net

推薦の話が上がった時も、チラ見した。
流石にそれは受けたみたいだけど。ただ、2校来たうちの、
レベルの低い方にしたみたいだ。

推薦出すから、提出物とか生活態度、きちんとやるように、
みたいなことを先生から言われていて、推薦文の課題を
きちんとやろうとしていたから、また見た。

「文句あんならアンタやりなさいよ!」
って押し付けて来たから、全身全霊を以て書いてあげた。
文章書くのは好きだった。
(自慢するわけではなく、私は勉強に関してだけは出来た
。人間関係築いたり、スポーツはそりゃもうもの
すごく残念な人間なんだけれども)。

定期テスト40aveの彼女には書けないであろう、作文に仕上げてあげた。
先生へ提出し、案の定本人の読めない漢字、意味の解らない熟語を
使っているとはどういうことだ?となり、お説教喰らったようだ。

後で私が呼び出され(バレバレだったらしい)「折角、推薦…」
だけ言って悲しそうな顔(それが普通)してたら、解放された。

先生も、私が彼女らから(も)いじめられてるの薄々
知ってたろうし、あまり強くも言えなかったんだろう。

卒業間際になって、実はRくんもAちゃんが好きだ、と知った。
Rくんから直接聞いた(私はゲームとか好きだったので、男子と
仲が良かった)。
Aちゃんと家が近く、よく一緒に居る私なら、彼女のことを
よく知っていると思ったらしい。

どんな子?って聞かれて、言いにくそうな私を見て疑念を持ったらしい
(言うタイミングを探していて微妙な態度になった)。
「Aちゃんを好きだった筈のRくんが迷っている」と、人づてに
Aちゃんが聞いて、そして彼女が「あんた何がしたいの?」
ときたので「何も…言うほうが、いい?」と返した。
「やめて」って言われた。
なのでまた意味も無く彼女を見る生活続けた。

531: 名無しの修羅場さん 2014/12/04 (木) 01:48:34.90 ID:wmZChrD0.net

突然だが、うちの弟が恐いもの知らず、色んな所に顔を出す。
その弟がRくんのクラスで「3年のAって奴って、姉ちゃんの持ち物パクって自分の名前まで書いたのに、柄覚えられてて一発バレとかwwww」って堂々としゃべった。
弟が学内でも有名人だった為、一瞬で噂が広まった。
冷めるRくん泣くAちゃん。バラすタイミング計ってたせいで寂しくなる私。
直後だか、全校集会の場で美化委員として「持ち物の点検をしましょう」を連絡するついでに「あwついでに、ヒトのものパクんなよ~A(イニシャル)さんとかwww」とか言いやがって、その後生徒指導室にお呼び出しされてた我が弟。
その後、ぐだぐだと中学校卒業。
私もAちゃんもRくんも弟も、全員違う高校になった。

ただ、Aちゃんの進学先と弟の進学先が姉妹校だった為、何かの合同行事の際に「あ、あいつだw」みたいな感じでさっくりバラされ、
Aちゃんの高校2年間は残念なものになったらしい。
Aちゃんは、高校時代にバイトをしようと面接を受けたが、そのバイト先の先輩がRくんの親戚(Rくんと懇意)だったとかで、「君って…こういう話を聞いたんだけど」って流れで、割とすぐ辞めた。
その後だか、Aちゃんのバイト先は私の高校の目の前、見掛けて、じ~っと見てたら、また辞めた。

後日、Aちゃんはバイトが続かず転々としてる、という話を聞いて、「気になるね(not心配だね)」と返したら、
知人が逐一教えてくれるようになった。
出掛けついでにもし見かけたら、「みつめる」→逃○、を繰り返してた。

532: 名無しの修羅場さん 2014/12/04 (木) 01:49:44.87 ID:wmZChrD0.net

大学生になって、私はAちゃんの存在も忘れていた。
お見合い結婚だとかなんかそんな話を聞いた矢先、
Aちゃんの向かいの家の子は、弟と仲が良い。弟もよくそこに遊びに行ってた為、その話を聞けたのだが…
お見合い相手と、弟が鉢合わせ。
空気読まない(読んだのか?)弟、爆弾炸裂。
「あれ、どもー。旦那さん予定? 嫁さん、手癖悪いから気ィつけてねん♪」
――って言ってきたー☆ とか報告と共に帰って来て、うちの母に「余計なこと言うんでないの!」って怒られてた。
流石にAも黙っていられなくなり、うちに凸、
「いつまで引き摺んのよ!返したし、謝ったでしょ!」
当時私の在宅時間が0時~5時の為、結局顔合わせずに1~2年過ぎた。
バイト転々としたことと、見合い相手に断られたこともあって、ご近所のひそひそで、割とみんなが色んな情報持ってた。
誰かつつけば何か出て来る。
「そういえば、推薦の時の文書いたのって、私ちゃんなんでしょ?」「ああ、まぁ…」みたいな返しもしたので、またちょっと広がる。
段々Aが病み始めた。

私は就職と共に地元を離れ、その後Aちゃんの噂を聞くことも無かったので完全に忘れていたが…
数年後、地元に戻り、買い物がてらゆったり歩いてたら、(家が裏なので)A母に遭遇。
「お元気そうで#」ってイラついた声で言われた。「どうも」とだけ返して立ち去ろうとしたら「貴方たちのせいで、うちの娘は…!」みたいな。
マジで何も知らない私「どうかなさいましたか?」で一応の事情を聞くも、
A母はA宅に(私を)上げて話そうとするんだが、そこは何か拒否。道端話になる。
私ちゃんがもう地元に居ないから、バイトしても大丈夫、って言ってもあまり仕事が長続きしないし、男性を紹介してもまた横槍入るかもとか言ってあまり踏み込まない。
もう売れ残りクリスマスケーキになるのに(奇しくも誕生日がクリスマスイブ)、ほんの、たまーの深夜バイト(DM米青査とか)出るくらい。
まぁ私ちゃんも売れ残りには違いないけどね! って嫌み付き。
私も少しは成長し、それなりに言い返せるようにはなったと思うので「ではAちゃんにお伝えください。私は此度結婚が決まり、来年には先方へ嫁ぎますもので、この辺をうろつくことはそんなになくなると思いますよ☆」と言っておいた。
A母ぷんすかして帰って行った。

533: 名無しの修羅場さん 2014/12/04 (木) 01:50:46.55 ID:wmZChrD0.net

宣言通り、相手方へ嫁ぎ、今年6年目。
1年ごとに2~3日、里帰りはしていたが、今年、旦那連れで近所歩いてた所をA母&Aに遭遇。
追い掛けられる私。元陸上部A、50m走10秒越えの私。逃げられるわけない。瞬時に追い付いてくれた旦那が引きはがす。
もっかい逃げる私、追うA、A母に鞄でぶっ叩かれつつもまた追う旦那。
A宅のすぐ傍には弟の同級生の家があって、そこのお父さんがK察官の為、取り敢えず逃げ込む。
事情話したら代わってくれて、先方に話してお帰り頂き(とは言えすぐそこ)、私らも家に帰った(とは言えすぐそこ)。
家に入った後(と思われる)、「い↑ーーーーあ↓ーーーーーー!」みたいな奇声がA宅から聞こえた。

私は引っ越したので、ここにはいないけど、Aがまた何かやらかす可能性がある、って所は、
「じゃあ俺ら(弟の同級生とその父とその祖父)見てるよ(家から見えるから)」って所で解決。
お礼に、こちら(引っ越し先)の特産品を、ちょくちょくお送りさせて頂くことにした。

半年経って最近、弟から「数珠貸せ。何処にある」ってメールが来たから「○○の中。葬式?誰の?」って返したら、
Aちゃんの母。ノイローゼかなんかで母子共々米青ネ申病院入って、こないだタヒんだんだと。
父は既に離婚していたらしく、A兄が喪主。
この度全部の話を聞いて、「うちの母と妹がご迷惑をおかけしまして…」とご挨拶に来て下さったそうな。
Aは多分もう戻ってこないから、その報告も兼ねて、と。
で、ご近所ということで、弟が式に顔出すことにしたらしい。


Aちゃんも、たかだかキーホルダー数点盗んだだけで、こんな人生になるとは思って無かったろうなぁ。
私も、向こうに対して「ムカつく」の一言でも言える子だったら、また違ったんだろう。
盗られたの12歳、今32歳です。
以上です。
長々と失礼しました。

534: 名無しの修羅場さん 2014/12/04 (木) 02:16:56.64 ID:+S/CfBXn.net

3人とも心を病んでたってわけね

535: 名無しの修羅場さん 2014/12/04 (木) 02:26:07.51 ID:jQgvah1o.net

全然スーッとしないよ引いた

536: 名無しの修羅場さん 2014/12/04 (木) 02:27:57.79 ID:m/jEdo2y.net

523の母親がA家を避けていた理由が不明のままだ。

541: 名無しの修羅場さん 2014/12/04 (木) 07:08:54.06 ID:TkTAwbNC.net

>>533
(とは言えすぐそこ)ウケた。
お母さんがA宅を避けてたのは、A母の性格も悪いのを分かってたからかね。

543: 名無しの修羅場さん 2014/12/04 (木) 07:55:19.43 ID:d5dpWZ4z.net

Aが自分でしたことの結果だし結局反省していないので
後味悪いどころか胸がスーっ

544: 名無しの修羅場さん 2014/12/04 (木) 08:19:15.43 ID:BXFfDmy0.net

気持ち悪いよ、執念深すぎ。

549: 名無しの修羅場さん 2014/12/04 (木) 09:25:22.40 ID:xTxBmp/S.net

>>536
Aさんの母親は性格に難があったということだろう
(もちろんAさんも難がある)

それにしてもキーホルダー(その他の物も)盗んだくらいで、
ここまで悪評にはならないだろう
おそらく、それ以外の悪事が積み重なってのことだ
イジメっ子だったみたいだしね
自業自得だな



「スポンサーリンク」