daddy_pipecut

409: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/02/08(月) 05:58:06 ID:r3T


よくある話みたいだけど母は長女の私にだけ厳しかった

同じこともしても叱られないとか門限に遅れても閉め出されないとか
他人から見れば違いは些細なことだけど、
弟との差を日常生活の中で実感しながら生きるのは苦しいことだった

性ハ.ン.罪にあった友人。旦那さんにナ.グ.られていたアルバイト先の女性。
この世界で女の子が生きるのは辛くて悲しいことなんだなぁと中学の頃から考えていた


人生に投げ遣りになっていた私を愛してくれた夫と義理の両親には感謝している




「スポンサーリンク」





自立してからはずっと母と疎遠だったけど、寝たきりになってしまった姑さんを安心させるために歩み寄ろうとした。結論から言うと失敗だった

母は相変わらずだったけど、心を整理する方法も聞き流し方も昔から使ってきたものを流用すればよかったから逆に楽だった
無神経で刺々しい発言は昔からだったから平気だった。鈍感なところも無視した。
ドナられるのも馴れていた

それでも辛いことは一つだけあった。
母は二人目の子供を作ることを執拗に求めてきた
娘だけで十分とか今のご時世だと一人だけで米青一杯だとか軽い調子で言っても駄目だった
やれ昔は何人も産んで当然だった、やれ昔は男の子が生まれるまで頑張った、やれ今の女は甘やかされている、やれ兄弟がいないと寂しい


一回目は聞き流した。二回目も耐えた。
十回も同じこと言われて流石に怒りでタヒにそうになった

「私が弟との差を訴えた時、あんたは「最初の子供だから分からなかった。仕方ない」とか言い訳して詫びの一言も言わなかった」
「親にとってはたくさんの子供の一人でも、子供にとってはたった一度の人生」
「私は自分の子供の人生を今後の子育てのための実験台として消費したくない」
「実の親にまで男の子と差別されてこの世界に絶望する女の子を増やしたくない」
ずっと言いたかったこと、当時は言葉にできなくて伝えられなかったことを吐き出した
ティーカップを投げ付けてきた母を置いて帰った


姑さんに「どうしてもお母さんに会いたいの?」と尋ねられて、
ああ無理して会う必要はなかったんだなぁって、胸が軽くなった

はっきりと断絶したこともあって、今は昔よりずっ と落ち着いた気持ちで過ごせてる


410: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/02/08(月) 09:23:53 ID:AeN

>>409
辛かったね。よく頑張ってきたね。
お母さんはクズだったけどいいお姑さんに恵まれてよかったね。

>「私が弟との差を訴えた時、あんたは「最初の子供だから分からなかった。仕方ない」とか言い訳して詫びの一言も言わなかった」
「親にとってはたくさんの子供の一人でも、子供にとってはたった一度の人生」
「私は自分の子供の人生を今後の子育てのための実験台として消費したくない」
「実の親にまで男の子と差別されてこの世界に絶望する女の子を増やしたくない」
私もこの辺を重々承知して子育てしようと思う。

412: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/02/08(月) 10:25:10 ID:bO3

>>409
会って良かったね
無駄なことにずっともやもやする必要なくなった

413: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/02/08(月) 13:58:52 ID:yzP

>>409
毒親には色んな種類があるけど、
息子を優遇して娘を冷遇するタイプの母親は特に自分の行いを反省しない人が多いと思う
社会において優位な立場にいる男性(息子)の味方をして男に取り入ることで
自分の地位と価値を認められたと思って自信満々になっちゃうのかな
私の知り合いにも「長男教とか毒親とか面倒な概念が生まれたからいけない!!!」って発強していたおばさんがいたなあ。

こういう母親がいるからこそ長男教や毒親って言葉が生まれたのにね






「スポンサーリンク」