daddy_pipecut



670: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/09/25(日) 11:07:50 ID:Swa

高校の時、1、2年と担任だった教師が最悪で、結果的に教師が再起不能になった話。

私 学生
A子 虐めてきた元友達
教師 元々贔屓目が強く、あまり当てにならない


1年の夏頃に友達だった女に当時そこそこ有名になっていたインターネットでの虐めに遭った。
勿論担任に相談しろという周りの助言もあって、嫌々相談したものの、





「スポンサーリンク」







671: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/09/25(日) 11:27:29 ID:Swa

結果はお前が悪い、A子はそんな事をする子ではないと別のクラスの成績優秀者のA子を案の定庇い、いじめでは無いと学校認定。
それでも許せなかった私は当時仲の良かった司書の先生や保健室の先生に相談し、裏も見せて証人になってもらってた。
カウンセラーの先生にも相談しろ、との助言で一応相談しておいた。
その3名から担任にも相談しておけ、と言われたので1年くらい相談し続けたが無視。

この人終わってる、とA子と同クラスにならされた2年時に復讐決行。
まずはA子と隣同士になった始業式からの3ヶ月、A子を「ハ.ン.罪者と一緒は嫌ですー」と言い続け、学校問題に。
勿論A子親がしゃしゃり出てきて、裁判にする!と言った所レベルにまで発展させた。
その時点で無能な担任はA子を庇い、
「お前は退学」
「裁判になれば負けるだろう」
「全科持ち」
「A子と保護者に土下座して謝れ」
など散々なことを言われたので、
「お好きにどうぞ。負けるのはあちらで、負けた場合の慰謝料は勿論請求しますし、土下座もしてもらいますね。その旨、A子の親にも伝えてください」
と言った所、私の親まで召喚させられた。
勿論、一部始終全て聞いていた親も同意見。
「勝手に裁判費用出してくれて負け戦を仕掛けてくれる?しかも慰謝料頂ける?ウマウマー。」
と担任に言ったところ、担任がヤバイと思ったのか初めて1年前に相談した内容の情報収集を始め、学校全体問題に発展したらしい。

その後、すぐに向こうの親が分が悪いと気づいたのか、逆にA子と保護者から土下座での謝罪。
裁判には至らずでしたが、A子は余罪もあり(私の件で余罪もボロボロ出てきたそうです。)、大学全てに蹴られ、専門学校も蹴られ、親のコネでの就職しか出来ず、

2年までの担任だった糞教師も3年時に入院、その後米青神病と断定され復帰できないと聞いていましたが、
最近同窓会に参加して糞教師が自サ.ツ.したと聞き、カキコ。

672: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/09/25(日) 11:38:33 ID:hqm

無能な奴ほどすぐ「訴えてやる!」て言うよね
担任もざまぁ

676: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/09/25(日) 21:24:50 ID:Swa

意外にコメントが有り、驚いています。
途中送信に誤文字と読み辛い文章で申し訳ないです。
>>672
本当に、一人っ子で成績優秀、社長令嬢でdqnと完璧な子だったので、親も相当なバカでしたね。
だから社会的に復讐したかったのもあるのですが。

675: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/09/25(日) 19:02:11 ID:wO2

自コ.ロ.するまで追い込むなんてこの鬼!

676: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/09/25(日) 21:24:50 ID:Swa

>>675
担任教師に関しては自滅ですよ。
担任教師に関しては、私は特に何もしていませんし、
何もしてくれないと分かっていたので、何も望んでもいませんでしたが、
勝手にA子を庇い、A子に復讐したら、
担任が出てきて向こうの親に連絡→向こうの親にある事ないこと風潮して裁判に持って行かせ、
A子を擁護し、一時その担任教師のお陰で、一部の先生を除き学校全体がA子の味方になっていましたから。
一時期生活指導、主任、校長教頭に揃って説教されたのは私だけかと、退学真近とまで言われていましたから。
もし、司書の先生や保健室の先生が庇ってくれず、職員会で話してくれなければ、裁判になっていたかもしれませんね。
真実が公になって、学校全体(教師達)が今度は担任を針のむしろにしたのは私のせいではなく、自爆かと。
解決してもなお、2年の学年末までずっと担任と話し合いをしていましたが、最後はどちらが教師か分からないと言われるまで堕ちていましたから。
どうしても自分は悪くないと認めて欲しかったのでしょう。認めませんでしたがww

まあ、元々嫌っている生徒が多い中で、2年も担任になった生徒を一切庇わず、相談にも乗らず、むしろ加害者を擁護し続けた教師は、今でも同窓会で悪い方の話題になるほど有名です。

スレ汚し失礼しました。





「スポンサーリンク」