daddy_pipecut


310: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/01/12(火) 21:35:58 ID:4PU

去年のクリスマスイブの夜9時頃、横浜方面での仕事を終えて
埼玉の自宅へ帰宅するのに湘南新宿ラインのグリーン車に乗った。
しばらくして、前の席に50前後のサラリーマン風のおやじが座った。
と思ったら、そいつは座るなり着地とほぼ同時に
全体重をかけてリクライニングMax。



「スポンサーリンク」




俺は予期せぬ行動に受け身も取れず
シートの固い部分が膝を直撃、俺は思わず悲鳴をあげる。
「イテー、イテー」言いながら、
謝罪を待つが一切振り向きもせず謝るそぶりもない。
挙げ句のはてに缶ビ○ルを開けやがった。
思わずシートの後ろから膝蹴りを入れ、
「一言くらい声かけられねーのか、ハゲ!」と
とっさに出てしまったが、そいつは徹底無視。

発した言葉はDQNだが、
当方30代細目の一般的サラリーマンの身なりなので、
相手がびびった訳ではない。
ただただ自分勝手な振舞いに無視を決め込んでる感じ。
周囲の目もあるし、相手にしても仕方がないと、
俺もコーヒー飲んで脱出ゲームやってたら、今度は激しいイビキ攻撃...

コイツどこまで迷惑なやつなんだ。と思っていたら俺が降りる駅に着いた。
席を立って移動するがてらそいつを見下ろすと、
汚ねー足の裏を前のシートに突っ張らせ、
だらしない格好で寝ていやがる。
さらに飲んでた缶ビ○ルやおつまみ(チーズちくわ)のゴミが
隣のシートのテーブルに散乱してる。

コノヤローと思う同時に俺はひらめいた!
隣のシートにはそいつの鞄ともうひとつ綺麗な紙袋があった。
おそらく奥さんか娘へのクリスマスプレゼントだろう。
無意識のうちにおれはビ○ルの空き缶(わずかに残ってる)、
チーズちくわの袋をその紙袋へ突っ込んだ。
紙袋の中身はさらに薄い不織布で包まれていたので
そこそこ良いブランドのセーターかマフラーだろう。

俺はすぐにホームへ降りてしまったので
その後どうなったかは知らないが、
おそらく綺麗な包み布はちくわ汁とビ○ルで汚染されてるだろう。
あの態度のおやじなら目を覚ましても
自分のゴミがどうなったかなんて気にもしないだろうから、
プレゼントを渡した相手が初めてゴミに気づくはず。
ざまぁみやがれ!家庭崩壊してしまえ!






「スポンサーリンク」