daddy_pipecut

521: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/03/01(火) 18:12:52 ID:muP

10年以上前の話です。
当時大学生でサークルの副部長をやっていました。

部員A子は同じく部員のB男と付きあっていました。
B男はクールで理知的、A子はおとなしいタイプ。
そのA子がある日「相談にのってほしい」と言ってきました。





「スポンサーリンク」





「B男と別れたいが、B男は“おまえは今理セ.イ.的じゃない”、
 “感情に支配されている時決断するものじゃない”
 “頭で物を考えられるようになってから話を聞く”
 と言って取りあってくれない」
私が「なぜ別れたいのか」と聞くと
A子は「頭から押さえつけられているようでつらい」と泣きだしました。
そしてB男の普段の様子を話しました。

それは今思えばモラ八ラの典型的手口で
「おまえのためを思って」と言いながら支配するやり方だったのですが
恥ずかしながら当時はモラ八ラやDⅤなどにまったく知識がなく
「A子のためを思ってB男は言ってくれてるんじゃない?
 とにかく片方の言うことだけ鵜呑みにできないから
 次はB男と一緒に来て」と頼みました。
A子は「B男と同席するのはイヤです」と言って帰りました。

次の時、A子は
「B男とのやりとりを録音しました。第三者の目線から聞いてください」
とMDを持ってきました。
盗み聞きみたいでイヤだと断ったのですが、どうしてもと引かない。
仕方なく聞いて驚きました。
つねにクールで理知的なB男が超音波を発していました。

スーパーなんかで子供が
「キィヤアアアアアアアアァァァ!」って声を出してるあれです。
口調もガラっと違って
「おまえのッ、そうやってッ、いつものヒステリッ、
 ヒステリーだアァァ(だんだん超音波になっていく)ァァァァ!」
すごい早口でほとんど聞き取れないし、あせってる?のか単語が重なるし、
「子宮で物を考えるな」「理セ.イ.的になれないのか」
という内容の言葉を言いながら
「キィヤアアアアアアアアァァァ!」
と超音波を出し続けるB男の声は非常にシュールでした。

私は正直、内容よりその声に圧倒されてしまい「こいつはヤバイ」と認識。
「部長と相談したいから」とMDを借りて
部長(男性)の所へ行きました。


522: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/03/01(火) 18:13:09 ID:muP

そしてB男がすでに男性部員には
「A子がノイローゼ気味。
 感情的で手が付けられないがそんな彼女をほうっておけない」
「すぐ別れるだのタヒぬだの言いだすが、真に受けないでくれ」
と根回し完了していたことを初めて知りました。

半信半疑な部長にMDを聞かせると、部長も唖然。
「これB男?ほんとにB男?加工してない?」
と何度も繰り返し聞いていました。
音の加工に詳しいやつに聞いてみようと
別サークルの部員に聞かせると「加工してない」との答え。
しかしこの彼に部長が口止めを忘れたことから噂が広まり、
噂を聞きつけた部員が話を大きくし……
結局サークル全体を巻き込む騒ぎになりました。

最終的にA子B男を含む部員全員の前でMDが再生され、B男が
「こんなのッ、嘘に決まってッ、アァァ(だんだん超音波)ァァァァ」
の生声を披露し
(不謹慎ですが、うわあ生だとちょっと感激しました)
皆に「おまえおかしいよ」「おまえが落ちつけ」となだめられながら、
B男はA子と別れることを了承。
その頃すでにストー力ーという概念が定着していたので
「今後A子につきまとわないよう部長がしばらく監視する」
と言い含めました。

その後ネットが発達して録音が当たり前になりましたが
あの時もしA子が録音してなくて、
あの超音波を聞かなかったらB男の肩を持ってしまったと思います…。

523: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/03/01(火) 18:28:07 ID:NL4

エンジェル伝説で脳内再生される

526: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/03/02(水) 09:30:14 ID:Sa1

>>522
いかに日頃の行いが大事かわかるな




「スポンサーリンク」