daddy_pipecut



286: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2018/05/25(金) 12:32:40 ID:xr2

さっきスーパーで卵を買った。
奮発して4パックも買ってやった、
自分から頼んだこととはいえバイト12連勤完遂したちょっとしたご褒美に。
その時ふと思い出したから書かせて下さい。
一応復讐話なのですが、こういうところで書くのは初めてなので
スレチだったらごめんなさい。

高校生の頃、いじめにあった。
僕は男性なのだが、不甲斐ない事にもいじめの主犯格は女性だった。
僕が通っていた高校は入学試験の合格ボーダーが
偏差値55くらいな普通の公立高校なのだけど、
同学年はどういうわけか女性が多かった。
その数実に男性の2.5倍。

また、どの運動部も大して強くなく
又高校側も特別力を入れているわけでもないのに、
何故かスポーツ推薦枠が結構あった。
その為、運動が少々出来る程度な実際の偏差値じゃ
絶対に入れないような頭の悪い人も結構入ってくる。
ここで入ってきた野球部の奴等も、後半はいじめに加わってきた。
正直僕とは直接的な関りもなかった奴等だったので、
面白半分でいじめてきたんだと思う。

高校2年になると、うちの学校では進路分岐がある。
僕が進んだコースは女性が多かった。
というか、通常時でも男性が少ないコースだった。
それが男女比1:2.5なもんだから、
クラスでの主力は自然と女性のものになっていた。
そのうちの1人がどうも僕を気に入らなかったらしく、いじめが始まった。

最初はビラを後ろに回すときの舌打ち、他色々な授業でのハブ。
女性の謎の連帯感というか、お揃いを愛す感性というのか、
それらは一気に広まった。
とはいえ、気に入らないからとはいっても
昔から『男性は女性を守るものであるから、
その女性相手に手を出すのは鬼畜の所業。もっての外だ。』
という教育を受けていたので、腕力で解決するというわけにも行かない。

すみません、続きます。




「スポンサーリンク」




287: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2018/05/25(金) 12:41:50 ID:xr2

なのでただただ閉口して耐えていたのだけど、
その無抵抗に気が大きくなったのかいじめはどんどんエスカレートしていった。
とはいえどれも精神的に僕を追い詰めていくものばかりで、
肉イ本的に傷つけるものは1つもなかった。
これが1番面倒で、直接手を出されたのであれば
正当防衛という大義のもとにナ.グ.り返せたものの、
そういうわけでもないからこちらからは何も出来ない。
そのくせ彼女たちは集団で事あるごとに嫌がらせを続けてくる。
それでも耐えてきた。

その頃はテレビでもいじめによる自サ.ツ.が殊更に取り上げられていた時期で、
ひどい時には週1くらいの感覚で新しい生徒の自サ.ツ.が取り上げられていた。
ニュースで見る、彼らが受けていたいじめに比べれば
自分が受けているものは可愛いものだと言い聞かせ、必タヒに耐えてきた。

いつの間にかそのいじめに、よそのクラスの男性が加わるようになってきた。
決まってスポーツ推薦で入った、僕とは直接関りの無い奴等だった。
食堂で昼ご飯を食べていると集団で絡んでくる。
軽く小突いてきたりとかもあり、鬱陶しい事この上なかった。
だけどそれでも我慢できた。
つもりでいたけど思いの外溜まっていたみたいで、
ある日僕が本を図書室に返そうとした際
野球部の非常にアンパンマンに似た奴に足を掛けられ転びそうになり、
それを視た主犯格達が周囲でクスクス笑っているのを聞いた時に
『あーもういいや』と心の何処かで吹っ切れた。

だからと言っていきなりナ.グ.るのもおかしい、というか完全に僕が悪い者扱いされる。
だから先ずは彼らと同じように精神的に面倒な方法で復讐することにした。

すみません、もう1度続きます。
次で最後です。


288: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2018/05/25(金) 13:26:04 ID:xr2

そこで僕は家にいる間、冷蔵庫から卵を少しずつ拝借していくようになった。
部屋にある箱の中に置き、それらが腐ったのを見計らって持ち出し、
主犯格の女性たちの机や置いてあった鞄等にぶつけておいた。
高校1年生の頃から混雑している電車に乗るのが嫌で、
いつも皆より2本早い電車に乗って登校していたため
常に誰よりも早く学校にいたため、
目撃されたことは結局それを始めて卒業するまでの1年半、
少なくとも僕の目には1人もいなかったように思う。

当然、教室は滅茶苦茶臭くなる。
そのまま教室にいても怪しまれるだけだし、
そもそも臭い空間に居たくなかったので、毎朝部活の朝練に行くようになった。
案の定その日の教室は朝からちょっとした騒ぎになった。
毎日続けたら流石にばれるし相手にも待ち伏せ等の
何らかの対策をされるだろうから、不定期に腐卵爆弾は続けた。
ぶっちゃけ殆ど確信に近い所で怪しまれていたと思うけど、
それに対する言及は1度もなかった。
いじめは相変わらず続いていたけど、別段更に過激になるとかはなかった。

次に、勝手に彼らの物を捨てるようになった。
体育館シューズ、部活で使うであろう道具、教科書ノート等々。
早朝放課後問わず、不定期に捨てておいた。
とはいえ家に持ち帰って捨てたりしたわけではなく、
飽くまで教室等学校の中にあるごみ捨て場に捨てるようとどめておいた。
『人のものを盗むのは絶対にダメ』という、
今思えばこの場合においては何処か的外れな倫理感がそうさせていた。
いじめはまだ続いていた。

すみません、長いと言われました。
次で本当に最後です。


289: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2018/05/25(金) 13:31:25 ID:xr2

ここで、どうしても許せないことが起こった。
例のアンパンマンが、僕の友人の1人ということで
別クラスの男性にちょっかいを掛け始めたのだ。
僕1人がいじめられるのは先の些細な復讐をする程度で耐えられたけど、
これはどうしても許せなかった。

その日からその野球部にいるアンパンマンの事を出来る範囲で徹底的に調べ上げた。
野球部の、1年にレギュラーの座を奪われている万年補欠で、彼女持ち、家は何処何処。
このくらいしか分からなかった。探偵には向いてないんだと思う。
一応武術を嗜んでいるとはいえ、ナ.グ.り合いになって
相手が野球部他の阿呆共を呼びでもすれば多勢に無勢で
負けてしまうかもしれないので、その彼女を狙うことにした。

僕はクラスで受けている、ことあるごとに此方を向いて
舌打ちや『きっしょ』という心ない発言を繰り返したり、プリントを敢えて配らなかったり.
その他色々あった嫌がらせによる空気に耐え切れずよく授業をサボるようになっていた。

その習性を活かして、例のアンパンマン及びその彼女のクラスが
体育で教室を開けている間にがらんどうの教室に窓から侵入し、
彼女の制服のスカートをハサミを入れて折り紙で作る王冠の飾りみたいにしておいた。
タコさんウィンナーって言った方が近いかもしれない、あれの足がめっちゃ多い感じ。
そしてセーラー服の上の方にはアンパンマンのアップリケを軽く縫い付けておいた。
これは本当に騒ぎになった。
けれど幸い目撃者がおらず、僕がやったとバレる事はなかった。

これでだいぶ気持ちは晴れたんだけど、
根本的解決には全く至ってないから被害を受けた友人には
『もしまた何かされるようなら、僕の悪口を言うなりしていじめる側に回ってくれ。
こちらからは多分何も手助け出来ない』と伝える事しか出来なかった。
小さな復讐はいくつでも出来たけど、結局僕は無力だった。

他にも色々やったけど、これ以上長くするのもアレなので省きます。
いじめはそれ以上ひどくなることもなく、またマシになることもなかった。
けれど、3年になった頃にはクラスの重要な委員について
色々大っぴらに反抗したりするなど
こっちの性格が図太くなることで抵抗力が増していった。
うちの学校は2年→3年だけクラス変えが無いから、
自分で強く在るしかないと思ったけど、多分僕は弱いままだったんだと思う。

卒業の前日、主犯の女性が帰り道珍しく1人でいるところを見付けて
どうしても許せない気持ちが湧き出たので、
首根っこ捕まえて無理矢理人気のない場所まで連れて行きナ.グ.り飛ばした。

昔から父親からギ.ャ.ク.待に近いボ.ウ.力を受けていたのだけど、
その時学んだことの一つとして顔以外の常に衣服を身に着けるところを、
力を加減して○れば大きな傷にも痣にもならないから
周囲にもばれにくいし本人も言いにくい、という現実をフルに活用した。

あと、ナ.グ.りながらも心の何処かで
『女性の顔はその人の命に等しい、ナ.グ.るなんてもっての外』
という思いが消えきれずにあったため、自然と顔は避けてナ.グ.った。

冷静になるまでナ.グ.った後は、『今迄されてきたいじめへのお返しです。
まだ俺に危害を加えるようであれば大学迄追っかけます。
あなたの泣き顔はとても興奮するので、
これ以上ほんの少しでも関わるようであれば本当に追っかけます。
好きになりそうです』と伝えその場を去った。
心からの本心だった、本当に興奮した。

卒業式には出ず、事前に先生に言われた通り後日学校へ赴き卒業証書を貰った。
特に何も言われなかったので、彼女は少なくとも学校側へは何も言わなかったんだと思う。

大学では結局1度も異性と付き合うことはなかった。
あの時最後の復讐で垣間見えた、
ボロボロになった女の泣き顔に興奮するという自分のセ.イ.癖の1つが、
嫌いな女に対してのみならず全ての女性に対してだった時のことを考えると、
とてもじゃないが誰かとそういう関係になる想像が描けない。

あんなことをしたくせに、心の何処かではやっぱり
『男性は女性を守るもの、ナ.グ.るなんてもっての外』という倫理観があるんだと思う。
今も昔も、僕を1番苦しめているのはその倫理観なんじゃないかと思う。

駄文長文、失礼致しました。


290: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2018/05/25(金) 13:33:11 ID:xr2

すみません、一言添え損ねていました。
以上、全て創作です。
そういう事にしておいてください。

291: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2018/05/25(金) 15:23:07 ID:un3

「ちょっとしたいたずらや仕返し」の範疇を超えてるのでは?
あと、その購入した卵は一定期間放置の後に誰かの私物の元にでも飛んでいくのかな?

292: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2018/05/25(金) 15:29:36 ID:sGA

ノリが臭すぎなのとそこかしこに入る「僕は悪くありません」擁護がしつこすぎて草
これ男子が少ないからじゃなくてお前がキモいからいじめられたんじゃないの





「スポンサーリンク」