daddy_pipecut

420: 1/3 2011/06/19 (日) 12:18:46.68 ID:sr92r4bk

中学二年の時、同じクラスにシ也沼がいた

この学校には「うらなり級」という特別支援学級があるのに何故そこに転入されないのか誰もが疑問に思っていたが、先生に聞いても何も答えなかった

一年の時は、自分は1組でシ也沼は5組で一番離れていたので、そのシ也沼は存在自体全然知らなかった
二年で同じ3組に入り「このクラスにシ也沼がいる」と聞いて心底不安だった
でも「うらなり級」に転入されないって事はそこまで重度なシ也沼でもないのかとひとまず安心




「スポンサーリンク」






しかしやはりそうではなかった。授業中に席を立っては、隣の女子の襟首を
「アァヒャwwwアァヒャwwwww」
と言いながら指でなぞったり 前の席の男子の持っていたデンプン糊を舐めようとしたり、周囲に撒き散らしたりすると行った奇行の連発
シ也沼の後ろに座っていたクラスのリーダー格のAが制止しようとすると
「オキミャァァァァァ!!!」
と奇声を上げ、廊下に飛び出し窓から飛び降りようとする始末

安心してた自分が馬鹿だった。思いっきり重度のシ也沼やん
みんなで集まって、先生に抗議する事を決めた。そしてホームルームの時間にAが立ち上がる

「何でシ也沼をうらなり級に入れないんですか?みんなが迷惑だし、何より授業にならないです!」

担任、目を丸くしてAとシ也沼を交互に見る
「な、何言ってるのA君?シ也沼君が何かしたの?」

この担任は、俺達のクラスで授業を受け持っていないので何も知らない
他の先生は担任に何も告げていないのだろうか・・・

A「今日シ也沼がイタズラしようとしたので止めたら、いきなり叫んで窓から飛び降りようとしました。
今日だけじゃない。先生は知らないだけで、毎日コレですよ?何で『うらなり級』に入れないんですか?」
戸惑う担任。シ也沼の席へ向かう

担任「シ也沼君。それ、本当なの?」
シ也沼、ヨダレを垂らしながら上の空。何も答えない

すると担任がいきなりファビョり出した
「ちょっと、『本当です』って言わないじゃない!A君どうして嘘つくの!?どうしてシ也沼君を悪者扱いするの!?弱い者いじめじゃない!」



421: 2/3 2011/06/19 (日) 12:21:24.50 ID:sr92r4bk

担任に呆れながらも反論するA
「先生は知らないだけでしょ。他の先生に聞いてみれば?多分納得すると思うから」

担任「話を聞きなさい!人に罪を擦り付ける人こそ『うらなり級』に入るべきですよ!」
話にならん。Aは溜め息を付きながら
「先生こそ自分の考えばかり罷り通ると思わないでさ、職員室で聞いてみなよ」
そう言うと鞄を持って帰って行った。俺達もAに続くように次々と教室を後にする

「ちょっと待ちなさい!人に濡れ衣着せたまま逃げるなんて最低よ!」
担任がファビョっていたが気にもせずに帰った

翌日、朝のホームルームで担任が真剣な顔で話し始めた
職員から話を聞いて、ようやく理解してくれたのかと最初は思っていた

「昨日、数学のY先生と、理科のO先生からシ也沼君について話を聞きました。
シ也沼君は授業中に席を立って、他の生徒の物を勝手に使ったり、女の子の体に触ったりしているそうですね。
これは確かにやってはいけない事です。・・・でもね、シ也沼君は生まれつき、脳の成長がみんなより遅れているの。
先生はこれを障害ではなく、個性として見たいと思っています。背が高い人、低い人、計算が上手い人、苦手な人。
色々いるでしょう?でも、それを差別する事は許されない事です。何故ならそれは皆、一人ひとりの個性なんです。
その個性を理由に仲間はずれにしたりする事は、人としてあるまじき行為なんです。
だから、シ也沼君がどんなに皆に迷惑かけても、皆はそれをシ也沼君の個性だと思って理解してあげて欲しいの」


423: 3/3 2011/06/19 (日) 12:24:00.55 ID:sr92r4bk

もっともらしい事を言って清々しい顔してやがる
何の為に「うらなり級」があると思ってんだか。シ也沼は障害だからシ也沼なんだろうが。個性も糞もあるか
しばらく教室に沈黙が続いた後、突然Aが喚き出した

「ヒョォ~~~wwwwアバダバダバダバwwwww」
手足をタコのようにくねらせながら、滅茶苦茶な顔をし出した。まるでシ也沼のように
担任は驚いて「どうしたのA君!?」と詰め寄る
Aはシ也沼の動きをしながら隣の席のBに何やら耳打ちした

するとBも「ギヒェエエエエエエエエwwwwwwwアヒャッwwwォアヒャッwwwwww」と奇声を上げた
何となく状況が掴めた俺も「フォォォォォォォッ!フフォッヒヒヒヒヒwwww」とシ也沼の真似
皆も理解したのかシ也沼の真似をし始めた。ついには男子全員、女子一部がシ也沼ごっこ祭り
(さすがに女子の殆んどは抵抗があって出来なかったみたい)

担任、アワアワしながら
「みんな、やめなさい!まだホームルームは終わってませんよ!」

するとAがシ也沼っぽい喋り方で
「ほらね?せんせぇwwwクラスがちしょぉだらけだとwwwwwせんせぇめーわくでしょぅ?wwwww
それがwwwこせいでもwwwwwめーわくでしょぅ?wwwww」
担任涙目。

「わかった!分かったからもうみんなやめて!先生が間違ってました、もう!」

他のクラスの担任が「何だ、何だ?」と様子を見に来たが、みんな一斉に戻ったので、大事にはならなかった

その後、シ也沼は「うらなり級」に急遽転入された事を聞きホッとした
しかし、夏休みに入る前に諸事情で転校したらしく、結局卒業までシ也沼の姿を見る事はなかった

何はともあれ、機転の利いた行動を率先して取ったAはGJだと思った





「スポンサーリンク」