daddy_pipecut


819: 1/3 投稿日:2014/05/05(月) 15:06:05 ID:XEgRNk9ti

二十年ほど前、小学校4~5年生位の頃に
市の企画で山間部へキャンプに行ったとき、
熊とニアミスしたのが修羅場だった。

総勢40人、1班辺り6~7人のグループで、1グループに
1人の高校生から大学生のボランティア(リーダーと呼んでいた)
が引率としてついて、麓の宿舎から30分ほど山の中へ
各班バラバラに入り、ビニールシートと寝袋で一晩明かすというものだった。

高校生のリーダーがついた私たちは、夕方早い時間に
キャンプ地を決めてビニールシートで簡易テントを設営、
夕飯にカレーを作り、夜の9時には消灯したと思う。





「スポンサーリンク」




820: 2/3 投稿日:2014/05/05(月) 15:06:48 ID:cUkDgw39q

夜中、リーダーの焦ったような声で目を覚ました。
トラブルが起きたから一旦キャンプ地から離れると
簡単な説明だけ受けて、すぐに山を降り始めた。
荷物は置いていくように言われたから身軽だったけど
夜の山なんて真っ暗だし、光源はリーダーが持ってる懐中電灯しかない。
何度も転んだりしながら採石場みたいなひらけた場所まで
たどり着くと、そこには猟金充を持った大人たちが何人も居て、
中央に集まったキャンプの参加者達を守るように取り囲んでいた。
それを見た瞬間にリーダーが泣き出して
私ら小学生は初めてびびったw


821: 3/3 投稿日:2014/05/05(月) 15:07:19 ID:cUkDgw39q

全班集合したところで、大人たちが
「すぐ近くの民宿で熊が出没したため、キャンプは中止にする。
今からバスが迎えに来るので麓へ戻る」と説明され、
小一時間後にやって来たバスに乗って私たちは麓へ戻ったが、
山の中へ残してきた荷物は結局回収出来なかった。

翌日になって猟友会の有志が山に残した荷物を回収しようとしたが、
すべて熊に荒らされていて、ショックを受けるだろうから
子供たちに返却されなかった、
と高校生になってリーダーの立場になったとき初めて知った。

あの夜、頼りない子供たちを連れてリーダーとして
熊がどこに潜んでいるか分からない暗い山道を
下りなければならなかったリーダーたちは、
さぞ修羅場だったろうと思う。

827: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2014/05/05(月) 15:32:27 ID:badgCOkrC

>>819-821
((((;゚Д゚))))恐ろしい…
残していったものが荒らされていたってことは、
下山しなかったら熊に子供たちが…

829: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2014/05/05(月) 18:03:52 ID:Xz7DFOwi9

>>823
熊に襲われなくて良かったな
渓流釣りで川の源流に行く親父は匂いに敏感な熊よけに
山を移動中はタ.バ.コ.を吸って野外キャンプする時は
発炎筒を焚いて寝ると言ってた




「スポンサーリンク」