daddy_pipecut


121. 名無しさん 2016年02月10日 14:36 ID:.LQkXaR.0
まだ清らかな体だった中学生の頃。

ある日、夕方家路を急いでいると、露出教の方(中肉)に出会った。
忘れもしないポッカ(だったっけ?)の自販機の前、広げられる雨ガッパ(コートじゃないのかよ)。

だが、清い体と違い当時既に腐れきった嗜好だった私は動じること無くωを蹴り上げた…
つもりだったが、悲しいかな。
素早く腰を引く奴に私の短い脚では届かず。
バランスを崩し後ろにのけぞってぴょんぴょんと飛びながら漫画のように手を回す私に、奴は優しくも?手を差し伸べ、思わず私は手を出し…





「スポンサーリンク」






が、その掴んだ手のヌルリとした感触に私は叫び、思わず離そうと手を戻した。
しかし掴まれた手は離れず
(摩擦力なぞ無いのではと思う程ぬるっときたのに!)
奴はこちらに倒れこんでくる。

そのまま急接近の私と奴。
もし奴と法要あまつさえ接吻などということになれば私のダメージは計り知れなかったが、脚の短さゆえの身長差が幸いし私のデコが奴の顎にヒット!

呻き離れる奴。
奴と私のジャストな間合い。
上がったままだった足が振り下ろされ、奴の露わになった上向きレバーは真下に落とされた。
(※注:切れてないよ?)



122. 名無しさん 2016年02月10日 14:37 ID:.LQkXaR.0
私は、赤ん坊の如き姿勢で悶え苦しむ奴を置いて家に逃げ帰り通報。
残念ながら奴はすでに逃げ去っていたが、後に隣町の病院にて目出度く捕まった模様。
ご近所宅のヒキニートだった(結構家から離れてたのに…)。

なにやら鬱かなにかですぐ解放されたがそれを契機に親族預かりとなったらしく、ご近所宅が露出教徒の家だとは知られなかったようだ。
ちなみにご近所宅からは誰も何も言いに来ず、むしろこっちがあらぬ陰口を叩かれた。
擦ったときに付いたらしいお気に入りの靴の裏の血は見なかったことにしたかったが、やはり耐え切れず処分した。


復讐?
結婚後に地元に戻ったら、奴が出戻ってまたヒキってたので、靴と陰口の恨みとばかりに噂広めて親ともども親族のいる田舎に引っ越しさせたこと。
再発してた露出教事件がおさまったのでこれも奴だったんだろうと思う。
噂が原因で捕まればよかったんだが、いずれまたやらかして捕まるだろうし、あの家ごと居なくなるならそれはそれで良かったから。

おわり。





「スポンサーリンク」