daddy_pipecut

その神経がわからん!

311: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2016/09/17(土) 16:44:25 ID:jqV

昔の話なんだけど。

中途入社のAという男が、飲み会で新人ちゃん(当時二十歳)に絡んだ。
「ウエストが60超えてる女はデブ」「体重が45キロ超えてる女はデブ」「Lサイズってデブ用サイズのことだろ?」etc.
迷言を吐きまくるAと尻馬に乗っかって同意する男性。





「スポンサーリンク」




さらには新人ちゃんの体重をしつこく尋ねて聞き出して
「デブだ」
とpgr

当時新人ちゃんは身長163の54キロ、ウエストは60を超えていた。
でも新人ちゃん子供のころから水泳してて肩幅広めのアスリート体系+週3プール通い。
女性なら分かると思うんだけど、むしろ軽いし痩せ気味なんだよね。見た目も痩せてたし。

実際当時は腹筋割れてたらしいし、当然新人ちゃんは
「太ってない」
と否定。

でもAは新人ちゃんに
「デブ女の言い訳pgr怠慢pgr」
とやりまくった。


結果、新人ちゃんブチ切れ。

「私は!
Aさんが『髪薄くて若ハゲなのかな』って思っても言いませんし!
『口臭いから歯磨きは毎日して欲しい』とかも思ってても言いません!
人としてそういうデリケートな問題は安易に口にすべきではないと思っています!
っていうかデブって侮辱ですよね!?
なんで私はAさんたちに体重とかスリーサイズとかしつこく聞かれた挙句馬鹿にされなきゃいけないんですか!?」
と周辺に聞こえるような声でドナった。

その言葉に、別テーブルに固まってた上司陣と私含むお局系女性達が気付いた。
新人ちゃんは顔真っ赤で泣いていて、Aは顔真っ黒で過呼吸みたいになってた。


当時はセク八ラって言葉が定着しだしたときで周知徹底しようってのもあって、Aと尻馬に乗った営業は翌日の朝礼で厳重注意となった。
「なんで新人さんにデブって言ったの?」
「つい調子にのって……」
「面白いと思ったの?」
「でも回りはウケてたし……」(他の営業チラ見)
「あのね、
A君の髪がどんどん薄くなってるのは皆知ってるけど
気を使って言わないでしょ?
言われたら事実なのに嫌な気分になるでしょ?
ハゲって罵倒の言葉だからね。デブもそう。
社会人はそういうこと言わないものなの。
それに他人が聞かれたくないことを根掘り葉掘り聞くのも駄目だよ。
僕が君に
『抜け毛の調子どう?昨日何本抜けた?』
とか聞いたら嫌な気分になるでしょ?知られたくないでしょ?
まして女性に体重やらスリーサイズ聞くなんてセク八ラだよ。聞いてどうするの。
そもそも君達、自分じゃ若いつもりなのかもしれないけどいい年だよ。
一回りも年下の女の子を寄ってたかって苛めるのは人として恥ずかしいことだと思わないの?」
とロマンスグレーの上司が追い討ちかけてて笑った。

でも結局その厳重注意の後も、
「デブは怠慢だけど薄毛は遺伝的な問題で~」
とか言っていた。
「骨格や体格は遺伝だけど、Aさんの口臭は歯磨き怠慢してるからだよね」
と返したらもごもご言って逃げて、数ヵ月後には会社を辞めた。
「女性陣が俺の世間話に応じなくなったことがパワ八ラ()」
なんだってさ。

Aの態度が最初から最後までスレタイ。




「スポンサーリンク」