2ch復讐速報

2chまとめブログ 復讐 修羅場 因果応報

殿堂入り・傑作選(アンテナ経由)

【復讐】兄嫁に嫌味をいわれはじめた。 剣道部だったため「妹ちゃん臭いねw」(入浴後)とか

【復讐】シュールストレミング(「世界一臭い食べ物」と評される缶詰)を不良グループのたまり場に投げ込んだ

【復讐】二人とも一応世間では名の通った企業に勤めてはいるが、DQNな義弟夫婦。ブサイクで躾のなってない2歳半のガキがいる【長編】

【修羅場】父のイ昔金で俺に売られたと言って泣き出した。、本当に好きな人と恋をしたかった、好きな人と結婚したかったと。

カテゴリ: 月間TOP10

「スポンサーリンク」

daddy_pipecut


2ch復讐速報 2018年11月 TOP10
(アンテナサイト経由)

1.【復讐】ゴミと間男ボコボコニしてしまった。早朝帰ったら夫婦のベッドで間男とゴミが寝ていやがった。ブチ切れてポットの湯をかけて二人とも蛸ナグりにしてしまった【長編】

2.【復讐】間嫁、興信所3名、俺がホテ○の前で待ってたら、嫁が間男と腕繋いで出てきた【長編】


3.【復讐】俺「トェェェイ!ドロップキーック!」渾身の一撃が間男に当たる。間男「なんだお前!!!」

4.【復讐】「オヤジ狩り」が流行ってた時の話。背の低いおっさん2人が10人以上のヒップホップな集団に囲まれてるのを見た


5.【修羅場】父のイ昔金で俺に売られたと言って泣き出した。、本当に好きな人と恋をしたかった、好きな人と結婚したかったと。

6.【復讐】トメがいる前でコトメを蹴り飛ばした


7.【復讐】津波のサイレン。弟が車に走り寄ってきてドアをガンガン叩いて「乗せろ!」と叫んでいた。その瞬間、今までやられてきた仕打ちが頭にぶわぁっと蘇ってきた

8.【復讐】小学生の頃、俺をゴキブリとまで呼んだいじめグループのリーダー女子


9.【復讐】コトメが大好きな彼氏さんとスノボに行くから俺が「いつも」乗ってるワゴンを貸せと義母から言われた

10.【復讐】プロって凄いと思わされたわ



1日1回クリックで応援お願いします。→
人気ブログランキングへ

「スポンサーリンク」

daddy_pipecut


2ch復讐速報 2018年10月 TOP10
(アンテナサイト経由)

1.【復讐】ゴミと間男ボコボコニしてしまった。早朝帰ったら夫婦のベッドで間男とゴミが寝ていやがった。ブチ切れてポットの湯をかけて二人とも蛸ナグりにしてしまった【長編】

2.【復讐】間嫁、興信所3名、俺がホテ○の前で待ってたら、嫁が間男と腕繋いで出てきた【長編】


3.【復讐】俺「トェェェイ!ドロップキーック!」渾身の一撃が間男に当たる。間男「なんだお前!!!」

4.【復讐】あいつらをコ.ロ.して本当に良かったと思ってる。K察は事故って判断した


5.【復讐】彼女が家に男を連れ込んでいる

6.【復讐】真冬に嫁と間男をネ果で外に放り出した。


7.【復讐】「今日は定時で帰れるんだよね?早く会いたいな(ハート」… 何かがおかしい。とりあえず俺に送るつもりのメールじゃないよな?

8.【復讐】いたずらしただけのつもりだったのに、後味悪い展開になった泥棒話。


9.【復讐】母の男に襲われた。何をどう聞いても、母は私が悪いで、私の何かがプツリと切れた。

10.【復讐】40代のおっさんなんだが、少しおやじ狩りにあった。「おっさん金貸してくれない?」



1日1回クリックで応援お願いします。→
人気ブログランキングへ

「スポンサーリンク」

daddy_pipecut


2ch復讐速報 2018年8月 TOP10
(アンテナサイト経由)

1.【復讐】ゴミと間男ボコボコニしてしまった。早朝帰ったら夫婦のベッドで間男とゴミが寝ていやがった。ブチ切れてポットの湯をかけて二人とも蛸ナグりにしてしまった【長編】

2.【復讐】間嫁、興信所3名、俺がホテ○の前で待ってたら、嫁が間男と腕繋いで出てきた【長編】


3.【復讐】彼女が家に男を連れ込んでいる

4.【復讐】私の財布から有り金全部抜いた挙句、夫婦の共同預金まで使い込んで旅行に行ったトメコトメと馬鹿旦那め。


5.【復讐】真冬に嫁と間男をネ果で外に放り出した。

6.【復讐】2月からの計画離婚がようやく終わりそうだ…


7.【復讐】トメは義兄の奥さんをイビリたおしていた。よく義兄嫁が台所で泣いているのを見た

8.【復讐】私は、クラスのリーダー格の女子Aにブスという理由でいじめられてた。フィリピンと日本のハーフです


9.【復讐】嫁が男とラ●ホから出てくる動画を見て離婚を決意

10.【復讐】うちの会社に特定派遣で来てる奴がいて、陰湿な嫌がらせを受けていた



1日1回クリックで応援お願いします。→
人気ブログランキングへ

このページのトップヘ